女性

権利について

電話

電話加入権とは加入電話を自宅や職場に引くことができる権利を言います。基本的に地域会社に施設設置負担金を支払うことで与えられる権利です。電話線を整備するのに必要な資金の一部を、電話を利用する方が負担する制度と言えるでしょう。基本的に施設設置負担金を支払うことによって電話加入権が与えられるのですが、この権利に対して正式な名称はないので分かりやすいように電話加入権と呼ぶようになったのです。この権利は基本的に他人に譲渡したり売買したりすることができます。電話を解約した方から、買い取った後に電話を引きたい方に売却することを専門にしている業者もいるのです。業者を活用することで、施設設置負担金を抑えることができるようになります。また、毎月の基本料金を高めに設定することで、施設設置負担金を支払わずに済む場合もあるのでどちらか自分の好みに合っている方を利用しましょう。また、電話加入権は財産として扱われています。税法上は固定資産として扱われているので、親から子に譲渡する際に相続税が発生するのです。ですが、施設設置負担金の金額が引き下げられたこともあり、資産価値は殆どなくなってしまいました。形だけの資産と言っても過言ではないでしょう。これから起業をしようと考えている方などは、電話回線が必要になる場合があります。そのような場合は上記で紹介したように、専門の業者を利用することで安く利用することができるでしょう。電話加入権が必要になった場合の為に、知識として覚えておくとお得です。